こんにちは、ラフターヨガ(笑いヨガ)ティーチャー&ラフターアンバサダー・はやしさえです。

「LJTとは」…のページなので、このLaughter Jet Tours(ラフタージェットツアーズ)について、コンセプトや経緯などを掲載するのですが、あわせてインドの思い出も書かせてくださいね。(長文です)

…というわけで、私が初めて笑いヨガでインド・バンガロールを訪れたのは2014年2月でした。笑いヨガの活動を始めて2年目の頃。当時は別の方が日本人向けの笑いヨガ・インド研修ツアーを開催されてて、それに乗っかって行ってきました。

2014年2月・ティーチャー認定証を受け取り、カタリア夫妻と記念撮影。

初インドの思い出

私自身、2014年2月のインドは2回目の渡航でした。
初インドは2007年1月。当時友人だったインド人夫妻のご兄弟の結婚式で、インドへ帰国されていた時にお邪魔したのが初めてのインド渡航でした。この時はニューデリーへ行きました。

ひとりアシアナ航空に乗って、友人が待つニューデリーへ。夜遅くの到着で、初インド。欧米とはだいぶん違う雰囲気にドキドキしながら到着出口へ。友人の顔を見た時、めっちゃホっとしたのを覚えてます。そして日本ではありえないタクシーに乗って夫妻の旦那さんの実家へ到着。ここですでに夜中の2時頃。夜中に到着したのにもかかわらず、暖かく迎えてくださり、さぁ、寝ましょうとなった時…私を待っていた第一の洗礼は『トイレ』!!! ホテルじゃなく普通の民間宅だからね、、、ははははは… 紙がない!Oh My God! もちろん郷に従いましたとも…。

そして、まぁ、いろいろありました。
シャワーを浴びてたら停電、毎日繰り広げられる結婚の儀式、にぎやかな毎日、しかし言葉が通じない。当時の私の英語レベルはとても低かったし。。。海外経験はそこそこはありましたが『インド人宅にホームステイ』は初めてだったので、若干精神的に疲れていたところにまさかの『インド寒っ!!!』…そう、ニューデリーは寒かった。インドの北のほうの冬は普通に寒いのです。…と言っても、日本での奄美諸島(いまは奄美群島というらしいbyウィキペディア)あたりなので、日中、日が照っていたらほかほかはしてます。建物の床が石でできているから屋内はひんやり寒かったのかもしれません。

いまつらつら書き出してみたら大したことではなかったし、何より、インドでの結婚式に参列させていただいた体験もできたり、人が温かかったり、チャイもカレーも美味しかった。しかし、もう一度行きたいか?!と問われたら、ちょっと言葉が濁るのが正直なところでした。

 

ラフターヨガ(笑いヨガ)で行くインドは楽園

そんな私がまさかの2回目のインド渡航。そして、ラフターヨガ(笑いヨガ)のティーチャー養成講座。リーダーになって2年が経過しようとしていた時でした。

さて、以前ツアーを開催してくださっていただ方が関東方面にお住まいだったので、出発は成田空港から。リーダー養成講座同期の友人と一緒に大阪駅から夜行バスで成田空港まで行きましたよ。経費節約だったけど、夜行バスで寝れない人なので…体ビシバシ。。あまりに眠れなくて、たしか成田に到着する数時間前からこっそり床で寝てたんじゃないかな(笑)

そして成田から出発して、夜中にインド・バンガロールに到着して…なんだかよくわからない間に研修会場のザ・エイシャント・オブ・ウィズダムへ到着。言われるままに部屋に入り、朝を迎える。夜中2時近くに寝たと思うから、眠い!

宿泊した部屋は日当たりにいいお部屋でしたー